顔を洗っている女性
  • ホーム
  • ハイドロキノンで肌が赤くなるのは何故?

ハイドロキノンで肌が赤くなるのは何故?

肌がきれいな女性

ハイドロキノンを配合したスキンケア用品も最近ではインターネットでかんたんに手に入れることができます。
美容皮膚科のクリニックなどではシミを治療する方法として人気の高い処方薬でもありますが、クリニックで処方してもらうとなると診察料もかかりますし、一般的に市販されているハイドロキノン商品よりもハイドロキノンの配合量は多いもののクリニックに行くのが面倒という声も多いです。

しかしかんたんに手に入れられたハイドロキノン商品も、使ってみたら肌が赤くなってきてしまったという不安の声もあります。
しかし、お肌にハイドロキノンクリームをのせられないほどピリピリしたり痛かったりした場合にはすぐに使用をやめなければなり暗線が、ちょっと赤みが目立つ、という程度ならそれほど問題がない場合もあります。

たとえば肌断食をしたときも、お肌に赤みやブツブツが出てくることがありますが、数日すればそれは徐々に収まっていき毒素の抜けた美肌になることができるように、ハイドロキノンクリームを使い始めた当初はお肌の生理的な現象として赤みや皮膚のめくれが現れることもあります。
これはお肌が正常なターンオーバーのサイクルを取り戻そうとしていて、お肌にたまってしまっている余計な老廃物、メラニン色素を排出しようとしている正常なはたらきともいえるので、過剰に反応しなくても大丈夫です。

しかし、ハイドロキノンクリームは美容皮膚科のような医療機関でも注意深く処方される物質であることもあり、お肌にとって刺激が高いのも事実なので、長く間違った使い方をしていれば赤みだけではなく逆に茶褐色になってきて色素沈着となることもあるので、赤みが引かない時にはクリニックに行くとよいです。

サイト内検索
人気記事一覧