顔を洗っている女性
  • ホーム
  • 皮膚科処方のハイドロキノンは効く?

皮膚科処方のハイドロキノンは効く?

鏡を見ている女性

ハイドロキノンは美白にとても高い効果をあらわしてくれます。
その効果は「肌の漂白剤」と言われる程のものです。
ハイドロキノンは市販の化粧品にも配合されていますが、一般の人が普通に購入できる商品のため、安全性のために濃度が1%~3%になっています。
もっとはっきりとわかる効果が欲しい時には、皮膚科でハイドロキノンの処方をお願いすると良いでしょう。
皮膚科で処方されるハイドロキノンは一般に販売されている化粧品よりも濃度が高く、4%か5%が処方されていることが多いと言われています。
最大で10%までハイドロキノンの濃度を上げることができるので市販の化粧品とは比べ物になりません。
ハイドロキノンの濃度が高ければ、効果が上がるのでしょうか。

市販の化粧品に使用されている1%~3%の濃度のものは安全性が高い分、効果が現れるまでに時間がかかると言われています。
美白効果はあまり大きくないため長期間の使用が必要となりますが、敏感肌などの肌の弱い人など、肌への刺激が少ないものの方が良い人には向いている濃度です。
皮膚科などで処方される4%、5%の濃度のものは、濃度が濃い分刺激が強い傾向にあります。
人によっては、肌にピリピリとした刺激を感じることもあり、顔全体に塗るのには向いていません。
気になるシミのある部分にだけ塗る方が良いでしょう。
濃度が濃い分、即効性はあると言われています。

皮膚科処方のハイドロキノンは濃度が4%、5%のため、効果が早いというのが特徴になります。
自分の肌質や欲しい効果に合わせて化粧品を使用するか、皮膚科で処方してもらうかを考えると良いでしょう。
ただし、皮膚科でのハイドロキノンの処方は美容目的となるため健康保険が使えません。
全額自費負担となりますので注意しましょう。

サイト内検索
人気記事一覧
アーカイブ